投資セミナーは無料か有料か

投資のセミナーは、大きく分けて、無料のタイプと有料のタイプがあります。

銀行さんや証券会社さんでも無料の投資セミナーをよく開いています。


さて、問題です。

無料と有料、どちらが良いでしょうか?


結論から言いますと、

有料の方がお得です。

(?_?)と思われるかもしれませんが、健康食品などを考えていただければわかりやすいかと思います。

よく、テレビやラジオで「○○に効く、健康食品が初回無料! 無料ですよ! お得ですよ!」ってやってますよね。

あれ、本当にお得だと思いますか?

答えは「ノー」です。あくまでも、初回が無料なのであり、その後継続して購入すると、無料で得したはずの代金が込みのお値段になると、結局、損をしてしまいます。まあ、この場合は、初回だけ無料でもらって、追加購入しないのが、一番お得かもしれません。(しかし、それをやる人が増えるほど、追加購入する人の負担は大きくなってしまいますが・・・)


では、話を戻しまして、無料の投資セミナーの場合、主催者にはお金が生まれません。でも、ボランティアで行っているほど彼らもヒマではありません。

それなら一体、無料セミナーの収益はどこから発生するのか?

答えはカンタンです。

①セミナーで紹介した金融商品(大抵は投資信託など)の信託報酬と呼ばれる手数料から生まれる(怖いことに、購入者が保有している期間中、ずっと発生します。だからがんばっておススメしてきます)。

②その後の高額な投資スクールなどで料金を回収する(高いところでは、半年で30万円くらいかかります)


もちろん、違法でもなんでもありません。彼らなりのビジネスモデルです。

ですが、これでは、「新しく投資を始めよう」という個人投資家にとってはうれしくありません。

・なぜ、相手が勧める商品の中から選ばされるのか? (世の中には、もっとコストの低い金融商品があるのに、売り手が儲かり続ける商品しか選べないのは不親切・非合理的)

・スクールで高額なお金を支払うなら、最初から有料の相談に行った方が安上がり


有料セミナーのメリット

・意外ですが、料金が割安

(通常、ファイナンシャルプランナーに個別相談を持ち込むと、2時間で2万円くらいが平均的なお値段です。これは、マンツーマンだからです。一方、セミナー形式ですと、参加者が多いので、比較的低価格でも主催者が赤字になりません。そのため、マンツーマン形式よりも料金が5千円などの格安になる傾向です)

・基本的に商品の勧誘がない

(一部例外のところもあるかもしれませんが、金融商品を売り込まれる心配が少ないです。心配な方は、事前に質問されると良いでしょう。売り込まれない理由は、商品を売り込むセミナーではなく、金融知識こそが売り物だからです。どんどん質問しましょう)

・中立・公正な意見が聞ける

(これも有料だからできます。無料の場合は、商品を買ってもらわないと収入が生まれませんから、偏った情報が提供されがちです)


長期的に見ると、有料のセミナーの方が、正しい情報が入手でき、損をしにくくなると、私は思います。ぜひ一度、有料セミナーも探してみてください。

投資セミナーと資産運用のご相談なら広島市の金育研究所(HP移転しましたこのページは間もなく閉鎖します)

大切なお金を「上手に増やしたい」。そんなお客様のニーズにお応えします。 投資の基礎・入門から実践的な運用方法まで、丁寧にご説明します。初心者の方にも、お勧めです。 金融商品の販売・勧誘はいたしません。安心してご利用いただけます。 中立・公正な立場から、健全で合理的な資産運用をアドバイス。